シートベルト着用サインを買って家に設置した話(購入編)

こんにちは。 長距離路線と不味い機内食が恋しくなってきたtetsu26です。

あまりに飛行機が恋しいので、中古のシートベルト着用サインを購入してしまいました。せっかくなので購入までの流れと、購入してから光らせるまでを記事にまとめたいと思います。

購入する

今回は、「Plane Reclaimers」というイギリスのオンラインショップから購入しました。日本にも発送してくれます。ありがたい🙏。

こんな感じのサイト

今回買ったのはG-CIVM Multi Signです。ブリティッシュ・エアウェイズで1997年から2020年まで飛んでいた、機体番号G-CIVMのパーツです。機種はボーイング747-400、いわゆるジャンボジェットですね。シートベルト着用サインにもいくつか種類がありますが、これは通路の天井に取り付けられている、トイレの空き状況も表示できるタイプの大型なものです。

こんな感じで使われていました (画像出典:G-CIVZ B747 Information Multi-sign | Plane Reclaimers

購入自体はとても簡単で、たいして英語が読めなくても大丈夫です。ほかの通販サイトと同様にカートに入れてチェックアウトします。チェックアウトの時点では送料が確定しないため、後ほどメールで送料込みの見積書と支払いリンクが送られてきます。

私が買ったときは、シートベルト着用サインがセールで35ポンド、送料が30ポンドで合計65ポンドでした。今のレートで9826円ですね。海外通販のコツは、日本円に換算しないことです。

支払いを済ませて発送されると、運送会社からトラッキング情報が送られてきます。

こまめに居場所をアップデートしてくれるから安心

私の場合は、7/14にサイトからオーダーし、7/16に見積書が送られてきました。支払いは16日中に済ませ、19日には発送され、26日には自宅に到着しました。全部合わせて12日で届いたので、イギリスから遠路はるばる来た割には早いでしょう。

商品はプチプチで丁寧に梱包されて届きました。使用されていた機体の情報などを記した証明書も同梱されていました。

次回:設置編につづく……

1 Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。